心地いい暮らし。

オトナな雰囲気に仕上がりましたよ、リビングドア

2016/01/03
猫と暮らすリノベーション
今日は、迷いに迷ったドア塗料の塗装後のご紹介。
”色”の印象って、面積によって濃く見えたり薄く見えたり。色のトーンによっては面積で逆の印象に見えるものもあるそうです。

ワタシが選んだのはコチラ。
ベンジャミンムーアの「gray mountain 1462」
color1-4 
そして、塗ってもらったリビングドアとWICのルーバー折れ戸はこんな感じに。
door3-1 door3-2 
完全にジコマンの世界ですが、この少しパープルがかったグレーがしっとりオトナ~な雰囲気を醸し出してくれて、毎日ドアを開け閉めするたびにウットリ(*´з`) 
リビングのドアノブは「マテリオドロッグリ」”ブラックアイアンオーバルドアノブjg14”

7,500円とお手頃です^^
*画像はお借りしました。詳しくはマテリオドロッグリHPへ
door3-6 

ルーバー折れ戸の丸い持ち手、最初グレーで塗られてしまっていたけど、ちょうど黒い塗料で修繕してもらう箇所があったので黒に変えてもらいました。


キッチン側の室内窓が黒枠なので、見た目の統一感からドアノブも黒にしたけれど、もう一か所ドアがあったらぜひ使いたかったのがこの真鍮のドアノブ。
door3-3 door3-4
*画像はお借りしました 

FUTAGAMIさんがプロデュースしている「MATUREWARE by FUTAGAMI」です。
お値段もかなりしますが、この真鍮の味わいが素晴らしい!!!

other1-3
このネームプレートも本当にス♡テ♡キ
もし自分でお店を開くことがあったら、絶対にこのプレートで飾りたい。

FUTAGAMIさんの真鍮アイテムは洗面スペースにいくつか取り入れました( *´艸`)
気になる方は下記からぜひHPを見てください、ウットリしますよぉー。

こちらは我が家の食器棚。ヴィンテージの食器は眺めるだけそれ以外の器たちはまだしっくりと居場所が定まらず、右往左往してます。
utsuwa1-2

スポンサーリンク

はぐパンの世話係
管理人: はぐパンの世話係
2015年、猫との暮らしを叶えるために中古マンションを購入し、フルリノベしました。
その後、2016年に愛猫「はぐり」と念願の猫生活を開始。2019年に「パンジー」も加わりました。
猫も人間も心地よく過ごせる暮らしやインテリアの情報をご紹介します。
猫と暮らすリノベーション