心地いい暮らし。

子猫が行方不明!?トイレの裏側に入っちゃった、お迎え初日の大事件

2020/08/10
はぐパンのこと
2匹目の猫をお迎えする時って上のコにも気を配らないといけないし、対面の時はどうしようとか、ものすごいいろんなシミュレーションしながら当日を迎えた世話係ですが、初日に起きた忘れられない大事件を振り返ります。
(過去に一度アップしたのですが、ブログの大掃除でゆるい記事をほとんど落としてしまったのでちょっとリライトして再アップしてます)

こちら、大事件を起こしました張本猫パンジー
haguri4136

お迎え初日。午前中には羽田空港に行き、パンジーを引き取って午後には我が家へ。
あたふたとしつつも、意外とすんなりとはぐりが受け入れてくれたので、ホッと一息つこうかと思ったのが夜10時くらい。
あれ、急にものすごーく静か。ふと気が付いたらパンジーの姿が見当たりません。
目に入るものすべてがオモチャで家中駆け回ってわしゃわしゃとはしゃいでいたのに、急に何の音もしない。どこか家具の下にでもいるのかなー、疲れて寝ちゃったかなー?と探し出し、5分、10分。
もうこの時点で軽く混乱していました、当時のワタシ。
そして15分もたったころには完全にパニック。絶対に家のどこかにいるはずなのに、どこにもいない。今まで、はぐりが潜んでいたような場所はすべて探しつくしたのにいない。
こんな狭い空間なのに、どこにもいない。
「え、もしかしてまだお迎えしてなかったっけ、え?さっきまで居たと思ってたけど夢・・?」って頭の中ぐるぐる回りだしたけど、夢のわけないし、やっぱりどっかにいるはずだし、玄関も開けてないしーと、半泣きでもう一度探してもいない。

ふと、パンジーが見当たらなくなった時に、はぐりがトイレの裏側に佇んでいたのを思い出しました。このトイレと壁の間のところ。
haguri4141

もしや?とのぞき込んだら、こんなところに空間が。
そして、一瞬、「ふにゃ」っと小さな音が聞こえました
haguri4142

中がどうなっているのかも分からず、とりあえず鏡でみてみたらこんなに大きな隙間がありました。
haguri4140

鏡と懐中電灯でなんとか工夫して奥を捜索していたらうっすらと顔らしきもの(鼻回りが白くてよかったw)が暗闇に見えて、とりあえずココにいるんだと安堵したけど、どうやったら出てくるのか。
ブリーダーさんや猫友のアドバイスをもらって、オモチャやご飯を置いたら一瞬顔が見えるところまで出てきました
haguri4139

この時に引っ張り出せたらよかったのですが、なんせ狭い。角度的に手を入れるのも難しい。
せっかく近くまで出てきたのに、すぐに奥の方に戻ってしまいました・・

はぐりは、ここに入り込んだのが最初から分かっていたんですよね。心配してのぞき込んでました
haguri4137

そしてそれから1時間くらい。はぐりもワタシもずっと洗面でひたすら待ち続け、ひと眠りして目が覚めたのか、ようやく出てきました。
ワタシ、大号泣(T-T)。ぱんちゃーーん

世話が焼けるチビですよ、まったく。
haguri4138

パンジー本人は「なにがー?」って顔してました。
また入り込んだら困るのでとりあえず新聞紙を隙間に詰め込んでふさいでますが、入りたそうにトイレ裏にいくことが未だにあります。
これから子猫をお迎えする方、我が家と同じようなトイレの場合は、裏側の隙間に気を付けてくださいね。

パンジーははぐりが子猫の時より何倍もお転婆で、怖いもの知らず
haguri4132

突然やってきた小さな猫が、自分のおうちを荒らしまくるのが気が気ではないようで。
ずっと監視に忙しいはぐりちゃん
haguri4131

初日から派手な事件起こしてくれましたね、ぱんちゃん
haguri4135

haguri4134


haguri4133

初日の大事件、本当にヤレヤレでしたヨ(゜-゜)
にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーリンク

はぐパンの世話係
管理人: はぐパンの世話係
2015年、猫との暮らしを叶えるために中古マンションを購入し、フルリノベしました。
その後、2016年に愛猫「はぐり」と念願の猫生活を開始。2019年に「パンジー」も加わりました。
猫も人間も心地よく過ごせる暮らしやインテリアの情報をご紹介します。
はぐパンのこと